コトコトの最近のブログ記事

パルシステムのエコ・バナナ(ホムトン)

500グラム¥268です。はっきり言って子育て世代にはお高いです。

少し青っぽいまま届いたので、しばらくは冷蔵庫に保存し、楽しみに待ちました。

1週間くらいは放っておいたかもしれません。

子どもたちも冷蔵庫を開けて「まだぁ?」と言って気にしていました。

やっと黄色くなって食べごろになり、一口かじってみると、濃厚なバナナの味と香りが!!ほどよいねっとり感もあり、さすが!の一言です。

スーパーで特売のひと房100円ものとは全然違いますね~!2~3回分、おやつをがまんしてまた買おうと思います。

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
インターネットから加入申し込みすると500ポイント(円)もらえる期間限定キャンペーン実施中

タグ

2012年3月 6日

まっきん (20:17)

カテゴリ:コトコト

パルシステムの福神漬け

IMG_2844.JPG


カレーに欠かせないのが福神漬け。

食べ盛りの家庭では一回に一袋消費するのも普通なのでは・・。

パルシステムの福神漬けの原料はすべて国産、化学調味料、着色料不使用で安心です。

着色料なし、というだけあってか、巷で販売されているものよりも見た目はよくないと思います。

茶色っぽくて、カレーの脇に盛り付けても目立たないし・・・。

でもでも!!味はしっかりしていて、以前購入していたスーパーの赤いものよりもべちゃべちゃしていません。

ほどよいしゃっきり感があり、子どもたちにも好評です。

2袋で258円、少し高めですが、カタログに載ると迷わずに購入する一品です。

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
インターネットから加入申し込みすると500ポイント(円)もらえる期間限定キャンペーン実施中

タグ

2012年3月 1日

まっきん (02:58)

カテゴリ:コトコト

パルシステムの生いもこんにゃく

「生いもこんにゃく」って何?

という方もいらっしゃるかも知れませんが、パルシステムの「生いもこんにゃく」は、国産の生いも96%と国産こんにゃく精粉4%を使用したものです。

独特のもちもち感は、やはり原料が国産だからなのかな?・・・とにかく、きちんとした食感です。

ただ、少し値段は高め。(250グラムで118円)

普段は巷のスーパーで超低価格のこんにゃくを購入していますが、お正月の煮ものや子ども達の入学、卒業の時など、特別な時にはパルシステムの「生いもこんにゃく」を購入しています。

たかがこんにゃく... とも思うのですが、子どもはとても敏感ですね!

パルシステムの「生いもこんにゃく」を調理した時には、やっぱりおいしいようで、「今日、なんか違うね!」と素直に反応します。

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
インターネットから加入申し込みすると500ポイント(円)もらえる期間限定キャンペーン実施中

タグ

2012年2月28日

まっきん (14:56)

カテゴリ:コトコト

生協の宅配パルシステムの特選丸大豆しょうゆの口コミ・評判

shoyu.gif
パルシステムの特選丸大豆しょうゆ....濃くて丸みのある味が気に入っています。

では、スーパーで市販されているお醤油と何が違うのか、2種類のしょうゆを比べてみることにします。

パルのしょうゆ(写真左)は900mlで298円、某スーパーのPB商品(こいくちしょうゆ)(写真右)は1000mlで158円です。

色を見るだけでもわかりますが、パルシステムの丸大豆しょうゆの方が濃く、しょうゆ本来の味がします。真面目に作ったんだな、と思います。

なので、煮物に使用する時など、使う量に差が出てきます...。

刺身類や餃子などに使う場合も我が家のように大食いぞろいの家族には結果的にパルシステムのしょうゆの方が経済的かつ美味だ、と感じるので、我が家ではパルシステムのおしょうゆを使っています。

見た目の値段にはかなり差がありますが、一度お試しすることをおすすめします。

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
インターネットから加入申し込みすると500ポイント(円)もらえる期間限定キャンペーン実施中

タグ

2011年8月13日

まっきん (09:54)

カテゴリ:コトコト

生協の宅配パルシステムの固形石鹸の口コミ・評判

sekken.gifうちでは、生協パルシステムの固形石鹸を主にふきん洗い用に使っています。ひどい油汚れでなければ、食器洗いにも使えます。

においもなく、溶けくずれもないので、最後まで気持ちよく使う事が出来ます。

市販のふきん洗いはバラ売りが多く、つい買い忘れるので、3個パックになっているのも安心です。

値段はパルが3個で280円、1個120グラムで約93円。市販の石鹸は1個135グラムで102円、ほとんど変わりません。

以前使いくらべてみましたが、市販のものは途中で溶けくずれてしまったりするものもありました。

カタログ(マイキッチン)には毎回登場するわけではなく、月1,2回のペースかと思います。

トイレットペーパーなどは何種類かありますが、ふきん洗いはこの1種類のみだと思います。

純石鹸分98パーセントなので、まぜものもなく安心です。

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
インターネットから加入申し込みすると500ポイント(円)もらえる期間限定キャンペーン実施中

タグ

2011年7月19日

まっきん (10:17)

カテゴリ:コトコト

生協の宅配パルシステムの「便利つゆ」

tsuyu.gif夏になると頻繁にパルシステムで購入するのがこの「便利つゆ」です。

夏は、冷たいうどんやそばを昼食にすることが多く、手放せません。

便利つゆ」は薄めて使うタイプですが、表示されている割合よりも水を多くしても丸みのあるしっかりした味があります。市販の商品よりもつゆの味がきちんと残っておいしいです。


値段を市販のつゆと比較すると・・・

便利つゆは900mlで620円です。1000mlに換算すると約690円。

めんのつけつゆはつゆ1:水2の割合で、と表示されています。


市販のつゆ(ここではミツカンの商品)は定価で考えると1000mlで580円位です。一見安く感じますが・・・めんのつけつゆはつゆ1:水1で、と表示されています。

同じ量のめんつゆを作る場合はパル賞品の2倍の量のめんつゆが必要になります。


定価で考えると市販品が割高ですね。特売等で安くなっていることもありますが、購入数量制限や仕事で買いに行けない等の事情を考えると、便利つゆがおすすめです。

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
インターネットから加入申し込みすると500ポイント(円)もらえる期間限定キャンペーン実施中

タグ

2011年7月12日

まっきん (02:08)

カテゴリ:コトコト

パルシステムのパルくる便

mykichen20110702.gif生協の宅配パルシステムでは"いちどの登録で毎週届く"パルくる便という買い方が7月2回から始まります。

パルくる便とは、あらかじめ登録した商品が毎週届く...ということなので、毎週かならず使う定番食材などは、買い忘れを防止できるなど、色々とメリットがありあそうです。

対象商品は今のところ次の40品です。

  • こんせん72牛乳 1000ml
  • 酪農家の牛乳 1000ml
  • 酪農家の牛乳 500ml
  • 酪農家の低脂肪牛乳 1000ml(休止中
  • いわて奥中山低温殺菌牛乳 1000ml
  • 産直たまご(白玉)
  • 産直こめたまご(赤玉またはピンク玉)
  • 産直こめたまご少量パック(赤玉またはピンク玉)
  • 産直たまご(赤玉またはピンク玉)
  • 食パンスライス6枚切
  • 食パンスライス8枚切
  • こだわり酵母食パン
  • バターロール
  • 乳酸ドリンク
  • こんせんプレーンヨーグルト
  • 甘さひかえめなめらかうヨーグルト
  • おいしい低脂肪ヨーグルト(プレーン)
  • クリーミーヨーグルト 75g 3個
  • クリーミーヨーグルト 75g 6個
  • ヨーグルト(生乳50%) 75g 6個
  • ボンレスハムスライス
  • ボンレスハムスライス(ペアパック)
  • ロースハムスライス
  • ロースハムスライス(ペアパック)
  • ハーフベーコンスライス
  • ポークウィンナー
  • ポークウィンナー(ペアパック)
  • つかいっきりミニポークウィンナー(皮なし)
  • 小粒納豆(たれ・からし付)
  • ひきわり納豆(たれ・からし付)
  • 産直豚カタ・モモ切落し
  • 豚徳用小間切(ペアパック)
  • 豚ひき肉
  • 生あげ(厚揚)
  • うすあげ(油揚げ)
  • なめらかう絹とうふ小分けパック
  • 絹豆腐
  • もめん豆腐小分けパック
  • もめん豆腐
  • エコ・バナナ(バランゴン)

タグ

2011年7月 4日

まっきん (13:13)

カテゴリ:コトコト

my kitchen 大隅産うなぎ蒲焼き!

mykichen20110701.gif2011年7月1回...今回のマイキッチンの表紙は「うなぎ」です。

毎年この時期になると、パルシステムの夏の風物詩...大隅産のうなぎのかば焼きが発売されます。

「大隅産のうなぎ蒲焼き」はパルシステムの産直商品の一つで、パルシステムと鹿児島県の「大隅地区養まん漁業協同組合」の長年の強いきずなが、うなぎの味に凝縮されてきたものです。

近年のニホンウナギの稚魚は不漁続きだそうですが、確保に全力を傾けているそうです。「大隅地区養まん漁業協同組合」には27人の生産者の方がいらっしゃるそうですが、水質管理や水温調節に手を抜く人は一人もいないそうです。

また、大隅では、養殖さげでなく、加工~出荷まで一貫製造しているそうです。

うなぎは、池から水揚げする1週間前に抗生物質と合成抗菌剤の検査を行って、エサ断ちと水さらし後に泥臭が抜けたとどうか、も調べるとのこと。

そして、蒲焼きに加工したうえで袋に生産者・加工日を打刻してトレース可能としているそうです。

さらに、毎年パルシステム職員による検食会を実施して、味や食感に納得いかないものがあると、その打刻番号のものは出荷しないそうです。

食材の確保と徹底した品質の維持....美味しくて、安心できる食材の代名詞ですね。

タグ

2011年6月27日

まっきん (12:30)

カテゴリ:コトコト

このページの先頭へ