調味料の最近のブログ記事

パルシステムの五目ずしの素

2月、節分、バレンタインも過ぎ、3月は・・・ひなまつりですね!

ひなまつりの際に食卓にのるのはちらしずし、という家庭は多いのでは。

ただ、具材をすべて一から下ごしらえすると、結構時間がかかりますよね。

しいたけやかんぴょうは水で戻して味付けする時間をとるのが大変そう・・・。

そんな時、市販のおすしの素でも重宝しますが、パルシステムの「五目ずしの素」は本当においしい!

人参、たけのこ、れんこん、油揚げ、しいたけの5種類の具材はすべて国産で安心です。

化学調味料ではなく、かつおのエキスを使い、食べやすいリンゴ酢で味付けされています。

一瓶でご飯3合分ぐらいです。

絹さや、卵焼き、鮭など、お好みで下ごしらえに手間のかからない具材を加えると、ごはんはもっと多めでも大丈夫です。

200gの瓶が二瓶で568円。

うちの子どもたちや、ついでに(?)だんなも「おいしい!」と好評なので、我が家では毎年愛用しています。

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
インターネットから加入申し込みすると500ポイント(円)もらえる期間限定キャンペーン実施中

タグ

2012年2月15日

まっきん (01:52)

カテゴリ:調味料

生協の宅配パルシステムの特選丸大豆しょうゆの口コミ・評判

shoyu.gif
パルシステムの特選丸大豆しょうゆ....濃くて丸みのある味が気に入っています。

では、スーパーで市販されているお醤油と何が違うのか、2種類のしょうゆを比べてみることにします。

パルのしょうゆ(写真左)は900mlで298円、某スーパーのPB商品(こいくちしょうゆ)(写真右)は1000mlで158円です。

色を見るだけでもわかりますが、パルシステムの丸大豆しょうゆの方が濃く、しょうゆ本来の味がします。真面目に作ったんだな、と思います。

なので、煮物に使用する時など、使う量に差が出てきます...。

刺身類や餃子などに使う場合も我が家のように大食いぞろいの家族には結果的にパルシステムのしょうゆの方が経済的かつ美味だ、と感じるので、我が家ではパルシステムのおしょうゆを使っています。

見た目の値段にはかなり差がありますが、一度お試しすることをおすすめします。

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
インターネットから加入申し込みすると500ポイント(円)もらえる期間限定キャンペーン実施中

タグ

2011年8月13日

まっきん (09:54)

カテゴリ:調味料

生協の宅配パルシステムの「便利つゆ」

tsuyu.gif夏になると頻繁にパルシステムで購入するのがこの「便利つゆ」です。

夏は、冷たいうどんやそばを昼食にすることが多く、手放せません。

便利つゆ」は薄めて使うタイプですが、表示されている割合よりも水を多くしても丸みのあるしっかりした味があります。市販の商品よりもつゆの味がきちんと残っておいしいです。


値段を市販のつゆと比較すると・・・

便利つゆは900mlで620円です。1000mlに換算すると約690円。

めんのつけつゆはつゆ1:水2の割合で、と表示されています。


市販のつゆ(ここではミツカンの商品)は定価で考えると1000mlで580円位です。一見安く感じますが・・・めんのつけつゆはつゆ1:水1で、と表示されています。

同じ量のめんつゆを作る場合はパル賞品の2倍の量のめんつゆが必要になります。


定価で考えると市販品が割高ですね。特売等で安くなっていることもありますが、購入数量制限や仕事で買いに行けない等の事情を考えると、便利つゆがおすすめです。

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
インターネットから加入申し込みすると500ポイント(円)もらえる期間限定キャンペーン実施中

タグ

2011年7月12日

まっきん (02:08)

カテゴリ:調味料

このページの先頭へ